HOME   »  ▶PS4   »  Yakuza6:The Song of Life  »  Yakuza6:The Song of Life/日記1

Yakuza6:The Song of Life/日記1

yakuza6.jpg
皆様方のクリックが私のやる気に繋がりますので宜しくお願いします。

いやー、暫らくお休みしますなどと言っておきながら、チョイチョイ更新しています・・・テヘ。

このシリーズは『0』『1』『6』『維新』と4作品クリアしており、もう1つ加えるならば『北斗が如く』もクリアしています。

本作の邦題は『 龍が如く6 命の詩。』ですから、そのまんま直訳してのタイトル(副題)なんですね。

ゲームに限らず、映画とかでも、邦題と洋(英)題って異なる事が多いですからねぇ~!



さて、1度クリアしているにも関わらず、何となく”英語版”でプレイしたくなっちゃったのよ。

ストーリーがメチャクチャ良いのかと言えば、正直な事を言って、最後の最後で・・・ってな感じなんだけど。

プロローグが終了したところまでだけど”難しい英語を使ってない”のが分かりました。

恐らく、元々が日本のゲームですから、ローカライズ(英語化)する際に”日本人の英語”が使われているからでしょう。



普段、日本人が日本語を話すと自然に難しい単語を使ったりしますけど、英語圏の人が英語を使えば、

自然と難しい単語を使ってしまい、それで”洋ゲーをそのままプレイ”すると非常に難しく感じられる。

自分自身が英語ペラペラなのかと言えば程遠いのですが、それでも少なからず理解しやすいのは確かである。

まあ、英語の勉強ですよ。日本語に対して”直接的な英訳”は無かったりしますので、そこら辺の事を知りたいなぁ~と。



そんでだ。英語音声は無く”日本語音声のみ”でしたよ。

これは手抜きとかじゃなくて”ヤクザが流暢な英語”を喋ったら、違和感があるからでしょう。

もしかしたら、現実には英語が得意な人がいるかも知れませんし、東大卒のヤクザ屋さんがいる可能性も否定出来ません。

英語字幕を読みながら、日本語を聞いていると”英語を喋っている”ように聞こえる時がある。(笑)



兎に角、驚いたのは”シェア機能に対応”している事が挙げられる。

国内版においては、過去作のHD化作品でさえも対応しておらず、非常に残念だったから。

何を今更”ネタバレ”に執着しているのかと思うけど、もっと協力的になって欲しいのは言うまでもない。

これはもう、海外支社に丸投げなのか分かりませんが”国内版でも対応”するのが必須である。
yakuza6_4.jpg
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する