ninokuni2.jpg
肘を脇の下から離さない心構えで、やや内側を狙い抉り込むようにしてクリックすべし。

--------------------------------------------------
いやー、やらかしました。スミマセン。何がって・・・面白過ぎて、画像キャプチャの事なんぞ、すっかり忘れていましたから。
もうねぇ、ブログの事なんか、どーでも良くなってしまうほど・・・これじゃあ、ブロガーとしては失格なんだけど。
これですよ。これこそが”JRPGの真骨頂”とでも言うべきか、ストーリーにグイグイ魅き込まれてしまい、止め時を失ってしまう。
現在、第3章が終わったところで、ちょうど12時間プレイしており、
トロフィー機能を見ると、どーやら全部で9章っぽいので、1/3が経過した状況です。

陰謀により、国を追われた幼き王である”エバン”が、大切な存在であった”アルフィニー”との別れを経て、
ひょんな事から出会った、一ノ国の大統領である”ロウラン”と約束し、二ノ国に自らの王国を作る事を決意する。
少年は偉大な王となり、巨悪を討つまでを記した物語である・・・とまあ、そんな感じのストーリーです。

ここまでは基本的に一本道なのですが、フィールドへ出ると宝箱などがあり、それを探しながら移動していたから、
推奨レベルを遥かに超えてしまい、ボス戦と言えども、雑魚戦と変わらないくらいに育ってしまいましたよ・・・ハッハッハー!
シンボルエンカウントですから、逃げようと思えば逃げられるんだけど・・・何となく戦闘していたら、いつの間にやら。

そんでだ。気になる点と言うか、不満点を述べますと”フルボイスでは無い”のが残念。
操作系がイマイチであり”マップ表示がOPTIONSボタン””メニュー関係がタッチパッド”なんですよ。
これは逆の方が断然使い勝手が良いのに・・・トホホ。
イメージ的に”OPTIONSボタン”って言うくらいだから、そこで設定だの何だのと。
だから、しょっちゅう間違えてボタンを押してしまい、イライラが募りストレスを感じてしまう今日この頃。

逆に良い点は・・・冒頭でも書いた通り、周りに助けられながら成長する姿が見て取れて、
ベタでありながらも”目頭が熱くなる”ほどの展開で、先へ先へと進みたくなる。
”プレイするアニメ”とでも言うべきであり、それと”ハック&スラッシュ”要素もあって、無駄に戦闘してしまう?

それと軍勢を率いて戦う”進軍バトル”ってのがあるんだけど、きちんと理解していませんので感想は省略させて頂きます。
第4章へ入ると、お待ちかねの”キングダムモード”が開放されて、自分だけの王国が作れるようになります。
そんでもって、どーやらラスボスらしき名前が出て来て、これから先がもっともっと楽しくなるであろう事は想像に難しくないでしょう。
ninokuni2_2.jpg
ninokuni2_3.jpg
関連記事
Relate Entry
Comment
31
鬼瓦さんがべた褒めとはめっちゃ面白そうですね~。
二ノ国、ちょっとやってみたいな~と思ってました!

32
もにょ子さんへ
メチャクチャ面白いですよ。是非ともプレイして下さい。
ただまあ、和ゲーしかプレイしない人だと、そこまでの感覚は少ないのかも知れません。
どーしても洋ゲーRPGにあるような、特にオープンワールド系ともなると、ストーリーが薄っぺらい傾向がある。
それと比べてしまう部分が強いですからねぇ~!
又、JRPGでもブツ切りマップが多いけど、これは昔ながらのフィールドがあり、それで探索するのもGood!

33
王道のストーリー面白そうですね。
そして王国が作れるキングダムモードも気になります!
プレイ日記楽しみにしてます~。

34
梨矢子さんへ
次回は、そのキングダムモードについて、もう少し説明します。
開始前に画像を撮れば良かったのですが、またもや忘れてしまいました。
これじゃあ、比較出来ませんからねぇ~!

35
今作の二ノ国は面白いようですね。
前作をプレイした時は散々だったので今作は見送りしていまいましたw

国を発展させたり、軍隊を指揮したりするモードがあったりとそこら辺の機能が面白そうで気になっています。

36
40代のおやっさんへ
ええ。面白いですよ。
キングダムモードについては、上のコメント通り、次回書きますね。
進軍バトルは・・・未だに良く分かっていませんけどw

Comment form
Profile

鬼瓦権造

Author:鬼瓦権造
年齢:オッサン
性別:オス(♂)
星座:おひつじ座
血液型:O型
棲息地:埼玉県
好物:野球/サッカー/サスペンス
苦手:時間制限/隠密行動
口癖:よいしょ/よっこらしょ
特徴:熱しやすく冷めやすい
自慢:競馬雑誌に予想方法が2回掲載

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:


PAGE TOP