hokuto_4.jpg
肘を脇の下から離さない心構えで、やや内側を狙い抉り込むようにしてクリックすべし。

--------------------------------------------------
前回の日記でも書いた通り、シェア機能に対応していませんから、途中経過無しでのクリア報告ですぜ。
いやー、これ、厳しい状況だったけど、どーにか、こーにか、エンディング到達でっす。
停電があって、それで40分前のデータからやり直しになるし、しかもボス戦までもやり直しだもの。
それにラスダンでは回復アイテムがヤバい状況で、ラスボス戦では2個しか残ってなくて、1回は死んでリトライしたから。

そのラスボスは”ラオウ”では無く、無事に”ユリア”に会う事は出来たんだけど・・・夢だったのか?
これは夢なのか、それとも否か、ご想像にお任せしますって感じではあるけど、エンドロール後のこれが邪魔と言うか、蛇足な感じ。
その前のところで”ユリア”に会って、どーなったんだろうかと言う余韻を残したままの方が良かったと思う。
夢にしてしまうと、どーにもチープな感じが否めない。ラスダンに入る直前のところでは予想外の展開で良かっただけに・・・トホホ。
ストーリーについては”北斗の拳”を全く知らなくても楽しめるし、原作を知りたいと思わせる内容でした。

面白いか、面白くないかで言えば”面白かったと言わざるを得ない”んだけど・・・うーむ。
不満点も勿論ある訳で、まずはシェア機能に対応していない点が挙げられる。
これはゲーム内容とは違うけど、PS4が発売された時、これは面白い機能だから使おうぜと言っていた”名越氏”だけど、
発売当初は他社の様子見みたいなところがあるから仕方ないにしても、未だにこの程度(クリア後から)なのか。

それと本作とは違うけど「6」をクリアした時に思った事がある。
それは”桐生一馬”としては最後のシリーズだから、ラストシーンで銃に撃たれ死んでしまったように思えたが、
エンドロールのところで病院にて、何者かと会話して退院して行く姿がある。
これで終わりと言いながらも”桐生一馬に対しての未練タラタラ感”が非常に強かった。
何を言いたいのかと・・・本作の世紀末プレミアムエディションを購入すると、見た目が”ケンシロウ”から”桐生一馬”に変わる。
本作は、あくまでも”北斗の拳”であり”ケンシロウ”なんだから”過去の遺産”にしがみ付いているとしか思えない。
hokuto_5.jpg

それから相変わらず発生する”QTE”についてだが、これも正直な事を言って・・・今更感が強い。
一時期、流行ったから、こぞって盛り込んで来るゲームタイトルも多かったけど、
その点をクソミソと言われ”スクウェア・エニックス”はもう使わないとまで言い、以前に比べ随分減ったと思われる。
イベントシーンとして観ているだけでなく、参加させたいと言うインタビューがあったけど、
演出方法として”他のやり方を模索する”必要があるし、これも”過去の遺産”にしがみ付いている。

更には・・・ストーリーを進めるのに”無理矢理ねじ込んでいるミニゲーム”があるので、テンポが非常に悪くなる。
これをやらん事には話しが進まないんですよ。こちらとしては”ストーリーだけ”を楽しみたいのに。
色々詰め込んだから、ストーリーだけじゃなく、こっちも遊んでねと言う意図は分かるけど、
プレイヤー全員が求めているのとは違うんだから”クリア後に開放”で良いくらい。
しかもこれ、ミニゲームを何度もやってクリアしいないと、お店の商品が増えないって言う最悪な仕様だぜ。
(やり込み派では無いですし、そんな面倒臭い事はやりたくないので、商品は初期状態のままクリア)

とまあ、そんな感じッスね。俺が思うに”龍が如く”として、もう”転換期”に来ている。
だから”桐生一馬”だとか”QTE”だとか・・・そんなものから外れて、全く新しいものを作るべきだよ。
(オンラインゲームが発売されるみたいですが、主人公がイマイチなのもあるし、今のところ興味無しだけど)
評価点は・・・★★★☆☆(星3つ)ではありますが、十分に楽しめると思いますので、興味があれば買っても良いでしょう。
因みに、クリアレベルは「35」であり、プレイ時間は18時間足らずでしたが、サブクエストなども含まれています。
僅か3日間で集中してクリアして、発売から間もないので、まだトロフィーの達成率が1.0%しかない状況でござる。(完)
hokuto_6.jpg
関連記事
Relate Entry
Comment
Comment form
Profile

鬼瓦権造

Author:鬼瓦権造
年齢:オッサン
性別:オス(♂)
星座:おひつじ座
血液型:O型
棲息地:埼玉県
好物:野球/サッカー/サスペンス
苦手:時間制限/隠密行動
口癖:よいしょ/よっこらしょ
特徴:熱しやすく冷めやすい
自慢:競馬雑誌に予想方法が2回掲載

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:


PAGE TOP