degawa.jpg
肘を脇の下から離さない心構えで、やや内側を狙い抉り込むようにしてクリックすべし。

--------------------------------------------------
どーも。どーも。どーも。折角、訪問頂いても更新が停滞しており、申し訳御座いません。
今に始まった事では無いんだけど、どーも”ゲームに対する熱中度が冷めている”のは否めないんですよ。
誤解の無いように言っておきますけど、ゲームそのものは面白い(楽しい)とは思う。
ただ、以前のように仕事(学校)から帰って来て、1時間でも2時間でも、少ない時間でもやろうとは思わない。
早く帰って、やりたくてしょーがねーんだよ・・・ってのが無いんだわ。

良く「昔の方がゲームは面白かった」と言う表現を見掛ける事がある。
これには”自分が歳を取ったから”と言うのは頷けるけど、やっぱり”ゲームそのものの質”の方が大きいと思うんだわ。
主に、ファミコンから始まって今日に至るまで、ジャンルが増えたのは言うまでも無い。
それに伴って、何かが流行ると、こぞって真似して同じようなゲーム(ジャンル)が蔓延して飽和状態になるから、
何をやっても似たり寄ったりな状況から脱却出来ていないのでしょう。

そんな事もあって、一時期は”ゲームから遠ざかっていた”けど、それでも「ドラゴンクエスト」だけは欠かさずプレイしていた。
それがある時、何の気無しにゲームをやったら、もう楽しくてしょーがねー状態になり、5~6年前かな?
いや、もうちょい前か、ブログにも興味があったので、ブログ共々ゲーマーに舞い戻りしたのよ。
そんなこんなで、何度かブログを閉鎖(開設)した事はあったけど、このブログを続けている状況っつー事なんだな。

どーしても好きなタイプばかりプレイしちゃうから、そこが原因なのもあって”冷めている”のかなぁ~と。
”オープンワールド”と言う言葉が流行り出してから久しいが、元々は日本のゲーム(シェンムー)が発祥でありながらも、
今や海外(洋ゲー)の専売特許な状況になっており、これが似たり寄ったりな内容な訳さ。
簡単に言うと”無駄に広いマップ””ストーリーが薄っぺらい”から”サブクエやマーカー潰しの物量勝負”になっている。
だから”やらされている感”が強くなってしまい”作業感”が強く感じられる。

片や日本(和ゲー)に目を移すと”ブツ切りのマップ””キャラクターが幼稚”な印象から抜け出せない。
ストーリーこそ、そこはしっかりと作らているから、それだけで十分なボリュームであり、これだけでも良い。
そこに、ボリューム不足だのと一部の人間が言い出し、プレイ時間を嵩増しするような内容になっているものも・・・トホホ。
全部が全部とは言わないけど、どーしてもそんな印象が強くて、それで”感情移入”が難しいんだよねぇ~!

大好きな「ドラゴンクエスト」である、最新作の「ドラゴンクエストXI」もクリアしたけど、俺の評価は決して高くなくて、
それの大きな要因ってのは”自分が求めていたものとは違う”からに他ならない。
思うに「ドラゴンクエストVIII」で終わって(完成して)いると言うか、そこが”最高傑作”なんですよ。
見渡す限りの広大なフィールドで、町(ダンジョン)へ入る時こそ別のマップへ行く感じだけど繋がっているから。

昔の2D(見下ろし)タイプだって、同じように町(ダンジョン)へ入る時こそ別のマップへ入るけど、
言ってみれば、地続きなんだから”オープンワールド”と言っても良いくらい。
俺が求めていたのは”フィールドと言う名のダンジョンみたいなマップ”では無く、真の”オープンワールド”に期待していたから。
ちょいと余談だけど「ドラゴンクエスト」自体は”3部作(III)”で完結している。
新しくRPGを作った時に、社会現象にまでなった「ドラゴンクエスト」の”冠”を捨てるのは勿体無いから、名前は継続した。

何やかんやと述べましたけど、まだまだ”ゲームそのものに飽きてはいない”からブログは続きます。
しかしながら、冒頭で書いた通り”冷めている”のも事実。
ここらで何か別の事をやりながら模索しつつの状況でもあり、見付けたら書いて行きたいと思いますので、
もしかしたら暫らく更新が止まるかも知れませんとか言いながら、直ぐに更新するかも知れません・・・って、どっちやねん?
荒削りでも良いから、何つーか、こー、奮い立たせるような、滾るようなゲームに出会いたい今日この頃ですぜ。
関連記事
Relate Entry
Comment
Comment form
Profile

鬼瓦権造

Author:鬼瓦権造
年齢:オッサン
性別:オス(♂)
星座:おひつじ座
血液型:O型
棲息地:埼玉県
好物:野球/サッカー/サスペンス
苦手:時間制限/隠密行動
口癖:よいしょ/よっこらしょ
特徴:熱しやすく冷めやすい
自慢:競馬雑誌に予想方法が2回掲載

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:


PAGE TOP